フラワーエッセンスとは、花を中心とした自然界の生物エネルギー(波動)のみを水に転写したものです。

花の持つ癒しの力で人間の心と体と精神の調和を取り戻すためのサポートしてくれます。
フラワーエッセンスを使うことで、心のバランスを整えて、本来の自分らしさを取り戻し、心身の健康をサポートします。
フラワーエッセンスは、アロマオイルやハーブ製品のように植物の抽出成分は含まれていません。
水をベースに、保存液として、ブランデーやグリセリンなどが使われるため、保存液の匂いや味がします。
フラワーエッセンスは、お薬とは異なるため副作用や習慣性は全くありません。
<フラワーエッセンスの特徴>
薬ではないので完全に無害で副作用がない
他の療法や薬と併用可
赤ちゃんからお年寄り、動物、植物などにも使用可能
<こんな人におすすめ>
・ ストレスやショックな出来事があって辛い
・ もっと自信を持ちたい
・ 気になることがあって眠れない
・ 小さい頃からのトラウマを解消したい
etc

ちょっとした悩みから、ずっと抱えてきた問題など様々な問題に対応できます。

フラワーエッセンスの歴史は古く、有史以前の古代から伝え用いられてきたと言われています。

オーストラリアの原住民アボリジニーは、花の朝露を飲むという方法で、心と身体を癒してきました。
そして、近代に入り花療法として確立したのは、1930年代のイギリスのエドワード・バッチ博士です。
イギリスの医師であり、細菌学者、ホメオパシー医でもあったバッチ博士は、病気になる根本的な原因は心の不調和によって引き起こされると考え、その不調和の改善に効果を上げる植物を研究し、38種類のバッチフラワーレメディ(エッセンス)を完成させました。
現在では世界中でたくさんのエッセンスが作られています。
花だけでなく、鉱物や海の生物、動物、自然環境などからも作られています。

エッセンス作りの環境は、農薬などに汚染されていない土地のエネルギーの高いところで咲いている野生の花か有機栽培で育った花を使用しています。

また作り手の意識も大自然と共鳴していることが大切です。

サンメソッド法

晴天の日の朝日が出ている数時間が、花の生命エネルギーが最も高いと言われているため、この時間に合わせて、エッセンスを作ります。
天然水を入れた、ガラスのボウルを用意し、花に直接手が触れないようにその花の葉っぱなどを使用して花を摘み、ボウルに入れます。
太陽光線の下に数時間置き、花のエネルギー(波動)を水に転写させます。
これは、バッチ博士が行った基本的な作り方です。

クリスタル法

アンドレアス・コルテ氏が、従来のエッセンスを作るときに花を摘み取らなければならないことに抵抗をおぼえ、新たに編み出した方法です。

浄化した晶洞石を用意し、その晶洞石の器の中に澄んだ泉の水を入れ、花は摘まず、器を直接花に近づけます。太陽の光と瞑想により、エッセンスを作ります。

これらの液体に同量のブランデーなどの保存液で希釈したものをマザーエッセンス(母液)といいます。

そして、ガラス製のスポイト付き遮光瓶に天然水とブランデーなどの保存液を入れ、マザーエッセンスを数滴入れたものをストックボトルといいます。

これが、一般に市販されているエッセンスです。
その他の作り方として、アチューメントやチャネリング(物質化していないものの場合)、煮沸法などがあります。
ストックボトルから直接服用

トリートメントボトル(ストックボトルを希釈したもの)を作成し服用

各ブランデーによって1日の服用回数や1回に何滴服用するかは異なります。平均的には1日に2〜4回、1回4滴程です。

コップの水などに混ぜて服用(カフェインの入っていないもの)

スプレーボトルを作って使用
お風呂に入れて使用
塗布・・・ローションやクリームに混ぜて使用
エッセンスのボトルを身につける
手の中に握るetc